運営団体について

HOME > 運営団体について

運営団体について


◎ 一般社団法人日本ビジネス数学協会 ご案内

 「ビジネス数学」とはビジネスで数字を活用できる人材を育成するための教育プログラムであり、一般社団法人日本ビジネス数学協会はその「ビジネス数学」の指導者育成を目的に設立されました。


 グローバル化が進む現代において、英語でのコミュニケーションと同等に重要になってくるのが数字でコミュニケーションする能力です。しかし、学生時代に学ぶ算数や数学の授業だけでは、そのリテラシーを鍛えることは難しいと考えます。実際、ビジネスシーンには「数字が苦手」「論理思考ができない」という人材で溢れています。
一般社団法人日本ビジネス数学協会は、企業研修・セミナー・教育機関での講義などの場で「ビジネス数学」を指導できるトレーナーを輩出していくことでその課題を解決。日本のビジネスがさらに活性化し、かつ生産性も向上していくことを目指します。



代表理事  深沢 真太郎(ふかさわ・しんたろう) Shintaro Fukasawa

ビジネス数学の専門家/人材教育コンサルタント
BMコンサルティング株式会社代表取締役
多摩大学非常勤講師
(公財)日本数学検定協会認定 ビジネス数学エグゼクティブインストラクター




【プロフィール】
幼少の頃より数学に没頭し、大学院にて修士号(理学)取得。その後、予備校講師や外資系企業での管理職などを経て2011年に「ビジネス数学」を提唱する研修講師として独立。数字に苦手意識を持つビジネスパーソンを劇的に変えている。その独特な指導法は「史上最強にわかりやすい」と評され、担当した講義は100%リピート依頼がくる人気講師である。ラジオ番組のパーソナリティやビジネス誌の記事監修などメディア出演も多数。大学でも教鞭をとる傍ら指導者育成にも従事するなど、「ビジネス数学」の普及に務める。著作は国内で累計10万部超。一部は韓国・中国・台湾などでも多くのビジネスパーソンに読まれている。日本数学検定協会「ビジネス数学検定」1級AAAは国内最上位。パールハーバープロダクション所属。



理事  髙田 忍(たかだ・しのぶ) Shinobu Takada

公益財団法人日本数学検定協会 専務理事 兼 事務局長








【プロフィール】
1995年3月大学卒業後、都市計画に関する総合コンサルタントに就職。
1997年4月に日本数学検定協会に転職し、約20年に亘る検定業界での活動を通じて、数学と社会の融合や新たな分野の創造に従事している。現在は「なぜ?を発見!できる人づくり」をコンセプトに活動の幅を広げている。



理事  原 佳弘(はら・よしひろ) Yoshihiro Hara

人材育成プロデューサー/インストラクショナル・デザイナー
経済産業省大臣認定 中小企業診断士
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 人材支援アドバイザー
Brew株式会社 代表取締役





【プロフィール】
1973年生まれ。横浜市立大学卒業。(旧)建設省所管の市場調査機関にて経営企画を担当後、法人向け研修・コンサルティングを行う研修・コンサル会社へ転職。階層別から営業やマーケティングなどの研修やセミナー、コンサルティングの営業・ 企画設計だけでなく、自らも講師業を10年行う。
2014年、Brew(株)設立。350人以上の外部講師コンサルタント、30社以上の研修会社とパートナーを組み、企業課題に応じたプロジェクトや研修・セミナーを企画実施している。研究領域は、「オトナの学習」学習の動機付けや学習方法、学習環境の構築から、講師技術の分析。著書に「研修・セミナー講師 が企業・研修会社から選ばれる力(同文館出版)」